-shared-img-thumb-TAKEBE160224360I9A0623_TP_V

そのままだと一生結婚できませんよ!

今まで多くの男女を見てきて、またその恋愛模様を見てきて感じることですが、結婚する女と、いつまでも結婚できずにウダウダしている女には、明確な違いがあります。

結婚したいのにできない。これは、努力の差でも、運が悪いだけでもなんでもありません。

結婚したいのにできない女は、結婚を見ていないのです。
確かに、容姿の差や、女性としてのスキルの差はあるでしょう。

しかし、いざ合コンに行って「あ、この男はないな」と思って無視したり、「あのレベルで私の声かけてくるとか何様?」と思っていませんか?

また、「結婚羨ましい私もしたい」と言いつつも、結婚に関するわずらわしい様々な現実から目を背けていませんか?

今回は、結婚できない女の特徴、ということで私が知る限りのことをここに書き記します。

当てはまる人は、自分の話だと思って読んでみてください。

1、結婚したい女=結婚したくない女

 

「結婚したーい!」と言っている30代の女性に、「じゃあ、お姑さんのオムツ替えできる?」と質問したところ、「そういうのは無理」と返ってきました。

または「旦那さんによるかな」とか「いい人だったらしてあげてもいい」など。「そんなことは施設にお願いしちゃえばいいんだよ」というのが、おそらく現代人の考え方です。

しかし、結婚とはそもそもウェディングドレス姿をお披露目することではなく、むしろ、子供の世話や、舅姑の世話や親戚付き合いがメインだったりします。

「結婚=ウェディングドレス・祝福・ラブラブな生活・幸せ」と思っている人は、結婚したいと言いつつも、実際は「現実の結婚はしたくない」のです。つまり、結婚に対する認識が甘い、妄想に浸っている、現実を直視できていない、というのが、第一の特徴です。

2、無理だと決めつけている

 

求人情報を見ていて、「いいな」と思う募集があったとします。

たとえばそれがメイド喫茶のメイドで、かわいいメイド服をきて、お客さんに「にゃんにゃん」と言わなければならないとします。

ちょっと非日常な感じだし、コスプレ気分で楽しく仕事ができるかもしれません。

でも、「いやいや!私ブスだし!スカート履くの抵抗あるし!無理!」と言ってしまえば、それまでです。

どうして無理なのでしょう。
誰が無理と決めるのでしょう。

では、目の前にイケメンがいて、声をかけることができる状況だとしたら?

これも同じく「無理無理!絶対ありえない!私みたいなブスが恐れ多い!」と言うのでしょうか。

ブスだとか、デブだとか、そんなのは言い訳です。
ただ、恥ずかしい思いをしたくないだけなのです。

第二の特徴は、そんな「決めつけ」によって、自分の様々な可能性を殺している点です。

できることも「できない」と決めつけてしまっては、恋愛も結婚も当然できません。

3、良い男を識別できない

 

最後はこれです。恋人はできるけど、割とすぐお別れする。

好きな人はできるけど、片思い途中で嫌いになる。
付き合っても結婚までいかない、など。ざっと世の中を見渡してみても、若者の中で結婚願望のある男が半分くらいいたとして、その中で良い男で、さらに自分と相性がいい男は、どのくらいいるでしょうか。

良い男を見つけられない女は、良い男をスルーしているだけで、いるのにその存在に気がついていません。

ぱっと見て、ひよこのオス・メスを見分ける、みたいな感じで「アリ!アリ!ナシ!アリ!ナシ!」と分類していませんか?

もし、今まで恋人にしろ、男友達にしろ、男をたくさん見てきた中で、「これという男と出会えない」というのであれば、今まで見てきたある特定の範囲に自分の相手はいない、と気が付くべきです。

まるで「この野球部には私の相手はいない」=この世の中には私の相手はいない!と早合点しているようなものです。

なぜサッカー部やバレー部を見に行かないの?自分にぴったりの男をスルーしている、また、全部の男を知っているつもりになっている限り、“男を見落としている”可能性があることを知りましょう。

最後に

結婚したいと願った女性のすべてがお嫁に行けるとは、残念ながら断言できません。

ただ、結婚することそのものは、さほどハードルが高いことではなく、結婚によって望みの高い幸せを叶えようとするから難しくなってしまいます。

本当に結婚したいのなら、何かを諦めなければならない場合があります。

それは、自分の仕事だったり、願望だったり、理想だったりします。高望みを捨て、決めつけを捨て、目の前に現れた気の合う男性と飾らない交際ができれば、少なくとも一度くらいは“結婚”することができるはずです。

The following two tabs change content below.
福永知世

福永知世

幸せへの辛口案内人
福永知世(ふくながちせ)… 1983年青森市生まれ、宮城学院女子大卒。学生時代からの様々なアルバイト経験、夜のお仕事経験から学んだ人間関係を恋愛学に活かすWebライター。 男も女も視点を変えるだけで幸せになれる、をテーマに辛口に執筆している。 一児の母。