プロポーズするなら、大事なのは事前準備と演出!

女性が喜ぶプロポーズ

これからプロポーズを控えた男性も、まだお相手の見つからない男性も、「女性ってどんなシチュエーションに弱いんだ?」とコツがわからない方も多いと思います。
今回は、そんな“女性が喜んでプロポーズを受けたくなるシチュエーション”を3つご用意しました。

告白にも、プロポーズにも使えるシチュエーションですので、是非ご参考ください。

1、誕生日にディナーでプロポーズ

女性はサプライズが大好きですが、本当に突然サプライズされると「何事!?」と思います。

というのも、ある程度「もしかして」という心構えがあってはじめて喜ぶことができるのがサプライズ演出です。

そのため、なんにもない日に突然プロポーズされるより、誕生日や記念日にプロポーズされた方が「やっぱり!」という嬉しさと「びっくり!」という喜びで、受け入れやすくなります。

ベターな方法ではありますが、彼女の誕生日や付き合い始めた記念日に、夜景のきれいなレストランを予約しておきましょう。
予め店に内容を伝えておき、時間になったら店内の照明を落としてもらって、ロウソクの火を吹き消す演出と同時に「誕生日おめでとう、結婚してください」と伝えると、彼女の心に響くでしょう。

2、友達を呼んでホームパーティー

もし彼女と共通の友人が多いのならば、家に友達を集めてホームパーティーをしましょう。

そのとき、信頼できる人にプロポーズ内容を伝えておきましょう。

そして、ちょっと雰囲気を盛り上げてもらって、みんなの前でプロポーズする、というのもサプライズ演出となります。
この演出の利点は、まず“みんなの前だから断りにくい”という点。

また、女性は交際を公にして、みんなの前で「愛してる」と言われることで、愛の手応えを感じるので、“プロポーズそのものが公であって、周囲に証人がいる状態”である、ということです。

プロポーズする方にとっては恥ずかしいシチュエーションとはなりますが、彼女には“この気持ちに嘘がない”ということを伝えることができるでしょう。

女性は友達や周囲の人に対して彼が「俺たち付き合ってるんだ」と公言する行動が好きなので、うまく利用しましょう。

3、薔薇の花束を用意する

すべての女性が“お花が好き”というわけではありませんが、「薔薇の花束を抱えた彼にポロポーズされる」というのは、女性の憧れのシチュエーションです。

なぜこれに女性が憧れを抱くかというと、まず男性は“薔薇の花束を持って歩く”というかなり高いハードルの行動を超えなければなりません。

つまり、「俺は君のためなら恥ずかしいことだってやってあげる」という誠意を示しています。

そして、花という“枯れてなくなるもの”に対してお金を出す、ということは、「君の喜ぶ顔のためには無駄(手間・時間・お金)も惜しまない」という決意表明となります。

まあ、そこまで深く考えて受け取る女性はいませんが、素直に「お花をプレゼントされる」というシチュエーションには弱いものです。

ただし、やはり中には「は?花とか無駄じゃね?意味なくね?」と思ってしまう女性もいますので、彼女が好きなものはなんなのかをリサーチしておく必要があるでしょう。

最後に

最近、フラッシュモブみたいなプロポーズも流行っているそうですが、私個人的には「それは恥ずかしいからやめて」と思います。

だって突然街の中でみんな踊りだして、全然知らない人たちから拍手喝采浴びたって、「迷惑かけたな」と思ってしまうから。

ただ、サプライズ演出そのものが嫌いなわけではなくて、女性の「え、嘘、もしかしてプロポーズ?」「ほんとに?」「やったー!」みたいな、予想を裏切らない展開が喜ばれると思うので、ヘマしたくない皆さんは、過剰なサプライズ演出ではなく、割とベターな方法で挑んだほうがいいでしょう。

The following two tabs change content below.
福永知世

福永知世

幸せへの辛口案内人
福永知世(ふくながちせ)… 1983年青森市生まれ、宮城学院女子大卒。学生時代からの様々なアルバイト経験、夜のお仕事経験から学んだ人間関係を恋愛学に活かすWebライター。 男も女も視点を変えるだけで幸せになれる、をテーマに辛口に執筆している。 一児の母。