uhgyftdrsed_TP_V

これを捨てるだけで腐女子も結婚できるんです!

結婚が縁遠い…と感じている腐女子やオタクの皆様、こんにちわ。その沼は深いですか?おいしいですか?そうですか。実際、腐女子だから結婚できない、と決め付けることはできず、腐女子だけど結婚もしたい!という女性は多くいますし、また実現している人も多いです。つまり、「腐女子だから、オタクだから」というのは、「結婚しない理由」にはなっても、「結婚できない理由」にはならない、ということです。腐女子だから結婚を諦める?ノンノン!その必要はありません。“あるもの”を捨てるだけで、ぐっと理想が現実になります。その“あるもの”とは一体…?

1、結婚は現実である

まず、忘れてはならないのが、結婚というのは現実問題である、ということ。自分ひとりだけの問題ではなく、両親・親戚、また相手方の両親・親戚も巻き込む大事業です。ということは、最低限の社会性は身につけておかなければならない。このとき、オタクです、腐女子です、というのは何の言い訳にもなりません。オタクであろうが、腐女子であろうが、やるべき仕事はきっちりこなす。これさえできれば、結婚後はなんの問題もありません。つまり、結婚生活とオタク生活は、まったくの別物である、と分けて考えて婚活に臨まなければなりません。

2、腐女子の二択

また、オタク・腐女子の女性が、結婚する際に選ばなければいけない道があります。それは、「自分を理解してくれる同じオタク同士でも結婚」か、「オタク関係なく人生のパートナーとしての結婚」か、です。前者は、元々同じオタクという似たもの同士なので理解しやすく、また理解されやすいことから、とても仲良く生活できる可能性が高い反面、似ているがゆえのジレンマにも悩まされやすい、という欠点があります。後者は、そもそもオタクではない男性との結婚となると、オタク趣味は理解してもらえない可能性がある反面、お互いの足りない部分を補えるという意味では「似ていなくてよかった」と思える場面も多いようです。極端に言えば、オタク・腐女子は、このどちらかを選択して結婚しなければならないため、相手選びの段階で「自分が望む形」をはっきりさせておくことが大事です。

3、●●を捨てると結婚できる?

オタク・腐女子の皆さんが持っているもの、とはなんでしょうか。部屋を圧迫するグッズ?DVD?それとも同人誌?フィギュア?それらは言ってみれば財産ですから、必要に駆られない限り処分する必要はありません。オタク・腐女子が、結婚のために捨てなければならないもの。それは、「時間」です。恋愛も結婚も、今まで独身のうちは自分の自由になっていた時間の一部を、相手に与えるということです。これが許せない人は結婚できませんし、我慢できる人は結婚できます。DVDを見る時間、ネットで情報を漁る時間、妄想に耽る時間、イベントに参加する時間…これらの時間の一部を、相手のために使うことができるかどうか、が大きな別れ目です。

最後に

オタクや腐女子の女性は、モテないから結婚できない、ということではありません。彼氏ができても、オタク活動ができないのなら、むしろ彼氏の存在が邪魔になる…と考えるので、自分から遠ざけているだけです。もしくは、オタク活動と結婚を天秤にかけた場合、好きなことを自由にできる環境を選ぶがゆえに、結婚を後回しにしている、というケースも多いでしょう。体はひとつしかなく、人生のタイムラインは1本です。何もかもを一度に手に入れることができないからこそ、私たちは「本当に欲しいものはなんなのか」をじっくり考えて行動しなければなりません。もちろん、結婚を諦めてオタク活動を優先する選択をする、というのもひとつの選択肢としてあっていいのです。正解は、自分の中にあります。

The following two tabs change content below.
福永知世

福永知世

幸せへの辛口案内人
福永知世(ふくながちせ)… 1983年青森市生まれ、宮城学院女子大卒。学生時代からの様々なアルバイト経験、夜のお仕事経験から学んだ人間関係を恋愛学に活かすWebライター。 男も女も視点を変えるだけで幸せになれる、をテーマに辛口に執筆している。 一児の母。